GAZ-16チャイカ ホバー乗用車

その他

今回は兵器ではなく、ちょっと珍しい乗り物の紹介。

https://autorambler.ru/ より

「GAZ-16 チャイカ」は普通乗用車とホバークラフトの長所を兼ね備えた試験的な乗り物だった。

1962年、ゴーリキー自動車工場の専門家たちは、非常に変わった形の車を発表した。そんな近未来的なボディの下では、フロントサスペンションをはじめとする部品がGAZ-21からの流用であることは目立たなかった。この宇宙時代じみたの外観には誰もが驚きましたが、実際に驚いたのは、オフロードセクションの前で、ホバー移動を始めたときだった。このモードではGAZ-16は水の上を移動することすら可能だが、その際には強い水霧を発生させてしまった。

https://autorambler.ru/ より

設計の複雑さ、限られた容積とペイロード、および非常に限られた行動半径のために、この空飛ぶ乗用車は、量産に入ることはなかった。とはいえ世界にはこのようなマシンが3台も存在していた。

https://autorambler.ru/ より

最初の試作機は後方の推進用エンジンを搭載していなかったため、まだホバークラフトというよりは車に近い形をしていた。この試作機の操縦は、メインファンからの気流を迂回させる特別な「ブラインド」の助けを借りて行われた。

https://autorambler.ru/ より

試作品の第2弾は「GAZ-16A」と呼ばれた。このバージョンから後方に推進用エンジンが追加され、それが外見上の大きな特徴となっている。試作機の本体の長さは7,505mm、幅3,572mm、高さ1,736mm。重量は1800kg、積載量は500kgだった。
当初、試作機には浮上用にGAZ-13の5.5リッターガソリンV型8気筒195馬力が搭載されていたが、そこに推進用の28馬力の2気筒エンジンを2基搭載して完成した。

最後の改造機「GAZ-16B」には、394馬力の出力を持っていたヘリコプター「Mi-2」のエンジンが搭載されていた。しかしそれでも量産されるほどの完成を収めることは出来なかった。

・参考文献https://asphodeluspapaver.wordpress.com/2017/01/03/%d0%b3%d0%b0%d0%b7-16-%d0%b3%d0%be%d1%80%d1%8c%d0%ba%d0%be%d0%b2%d1%81%d0%ba%d0%b8%d0%b9-%d0%ba%d0%be%d0%b2%d0%b5%d1%80-%d1%81%d0%b0%d0%bc%d0%be%d0%bb%d0%b5%d1%82/#more-4175

https://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%93%D0%90%D0%97-16

http://5koleso.ru/articles/obzory/gaz-16-letayushchaya-volga/

https://autorambler.ru/mashinavremeni/gaz-16-ili-letayuschaya-volga.htm

コメント

タイトルとURLをコピーしました