迫撃砲向け対空砲架&照準器具

なんか変なものを見つけたので記事にしつつ情報の募集をするよ

一次大戦中、3インチ ストークスモーター向けに開発されたらしい
照準器は金具とミラーを組みわせた時代を考えれば割と手の込んだもの
数少ない実験レポート曰く「信管の信頼性が低く、射程もマチマチ、弾速も遅いこの兵器で、航空機が破壊される可能性は非常に低い」とのこと
資料が非常に乏しいので詳細は不明だが、試作で終わったのは多分間違いない

ところでノースオーバープロジェクター向けに対空照準器具を作る計画もあったらしい
なんでも空挺輸送機を狙うつもりだったらしいが、ソースが見当たらないので噂の域を出ない

悪しからず

・参考、画像
http://theriflesww1.org/ML-3-Inch-Stokes-Anti–aircraft-Mortar.php
http://www.bocn.co.uk/vbforum/threads/3844-3in-stokes-mortar-anti-aircraft
http://www.lexpev.nl/downloads/handbook3instokesmortar1919.pdf