DAG-10 ~ソ連製対空グレネードランチャー(?~

DAGはDerzhatel’ aviatsiya Granat(英:Rack for aviation Grenades)の略で、和訳するなら航空擲弾架とでも言うべき対空擲弾発射器
搭載機はPe-2、IL-2、IL-10など

その名の通り10発のAG-2航空擲弾を装填している
また5発装填のDAG-5もある
装填された擲弾は電磁石で固定されており、ハッチの解放→電磁石off→自由落下というプロセスで射出…というより投下される
投下後は風圧でパラシュートが展開し、それによって信管が作動する

砲弾(?)となるAG-2航空擲弾はパラシュートを備えた2kgの球形擲弾
射出から3,4秒で炸裂し、100~130個程度の重さ3~80gの破片を最大50mの範囲(おそらく半径)にばら撒いて敵機を加害する
編隊飛行の際などは友軍への被害を考慮する必要があったが比較的有用だったらしく、後部銃座と併用することで一定の撃墜記録が残されている
特に爆発の威嚇効果は大きく、これを使うとビビって逃げる敵機が居たらしい
信管を弄ると対歩兵にも使えるとの記述があるので案外便利なやつだったのかも

似た名前の兵器にAG-1があるが、こちらは歩兵用のF1手榴弾を流用したもの。
手榴弾はピンを抜きレバーを固定された状態で発射器に装填され、装薬の爆発で押し出された4,5秒後に炸裂し最大加害半径は100mほどだったという
後に3つの手榴弾を同時に射出する装置が開発された

画像1:DAG-10を搭載するIL-10。11がDAG-10

画像2:内部構造の詳細(左)

画像3,4:AG-2の構造

画像5,6:パラシュートを展開したAG-2と信管作動の仕組み


参考http://www.rkka.es/Armamento/005_Otro_armamento/001_AG-2/000_AG-2.htm

画像引用元
http://www.massimotessitori.altervista.org/sovietwarplanes/pages/il10/details/armament/armament.htm

http://www.airwar.ru/weapon/ab/ag2.html

http://www.airwar.ru/enc/aww2/il10.html