WW2爆弾用爆薬組成表

主に大戦中の航空爆弾に使われた爆薬の組成とかをまとめたもの
爆速は条件次第で変化するから目安程度にね
RE係数:TNTの破壊力を1とした時の破壊力

トリニトロトルエン(以下TNT)
多分当時一番メジャーな爆薬
爆速6900m/s
RE係数=1

RDX(トリメチレントリニトロアミン)
プラスチック爆弾の素材として有名
爆速8750m/s
RE係数=1.6
ワックスでコート→コンポジションA
TNTと共融→コンポジションB
RE係数=1.33
可塑剤と混合→コンポジションC
RE係数=1.33~34

ペンスリット(PETN)
爆速8400m/s
RE係数=1.66
導爆線に使われるが、これのみで使われることは稀
薄殻榴弾にも使われたらしい

ペントライト
ペンスリット:TNT=1:1の混合爆薬
爆速7800m/s
RE係数=1.33

トーペックス
主に米国製魚雷に用いられた混合爆薬
RE係数=1.3
RDX:TNT:粉末Al=21:20:9

アマトール
TNT:硝酸アンモニウム=4:1or3:2or1:1or1:5の混合爆薬
TNT含有率が6割以上あれば目立った威力減衰は無いらしい
RE係数=1.17(80%TNT)

アンモナル
硝酸アンモニウム:TNT:粉末Al=27:67:11の混合爆薬
爆速4400m/s

バラトール
TNT:硝酸バリウム=1:2の混合爆薬
爆速4100m/s

ピクリン酸
下瀬火薬の主成分(9割以上
爆速7350m/s
RE係数=1.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA